-

FXにおいては取引所取引という所があります。

平常のFX会社と商売をとり行うという行動を「店頭取引」と言いますが、取引所を通行させないで売買の相手はFX(外国為替証拠金取引)業者になるのです。

「取引所取引」という所は外国為替証拠金取引(FX)業者は仲介であるので、ダイレクトな売買パートナーは取引所になります。

その相違をここでいくらか比べてみましょう。

開口一番「店頭取引」の場面は預託してある資金は外国為替証拠金取引(FX)企業に管理されているのです。

「取引所取引」の時、こちらのお金は全額取引所に預託しなければならないと義務づけられています。

そうすることによってもしもFX業者が倒産するという事柄があったとしても、取引所取引は取引所によってお金は総額ガードしてもらうことになるのです。

店頭取引のFX会社が管理しているので、業況によっては会社経営破たんのあおりの傷を受けて預けていた証拠金は防守されないのかもしれません。

また税金を考慮しても両者では基準に違いがあります。

「店頭取引」では、為替差益やスワップ利息などを雑所得として労賃と合計で報告をしないとなりません。

しかしながら確定申告しないで済む際もあるとの事ですのでわが身に適合するのかしないのか注意深く調査していただきたいです。

万が一アナタが会社員で年収2000万円以下給与の所得の範囲を超えた収入が20万円以下(複数の会社から給料の所得がないこと)という条項を守っているのなら例外措置として確定申告はする必要がないです。

外国為替証拠金取引(FX)収益が20万円以上の時は確定申告するようにして下さい。

税の割合は収益に反応して5〜40%の六段階に区分されていまして、実収が高いのであればタックスも値上がりします。

「取引所取引」については、もうけがあるのであればそれ以外の利益とは分けておいて「申告分離課税」の的になるのです。

税率は全て同じ20%となるのですが、もし損失が確定したのであるならば「取引所取引」の有益として損分を翌年以降に先延ばしするということができるのです。

上記から読んでも、「取引所取引」の方が低い税になる時というのも大いにあるので照らし合わせて研究していった方が良いと考えます。

中でもビギナーの方は、ジャスダック株価の動きや円の状況に日ごと注目して、黒字や赤字にドキドキする事で、税金のことを忘れ易くなってしまうこともありますので、気をつけましょう。

赤字は困るのですが、収入が増えれば税金も額が増加するので気を配るのと自覚がポイントとの事です。

Category

リンク