-

クレカが不要になった気がする…そういった時はカードサービスの機能停止(きのうていし)を行いましょう。

講釈は不必要だと思われますが、解約とは利用者が使用中の当のクレジットカードをもう二度とショッピングなどの売り場で会計出来ない状態にしてしまうことを意味します。

あなたが今読んでいるこのページにおきましてはクレジットの機能停止の仕方から無効化をする時の注意点などをすみずみまでまとめて参ります。

これを理解して下されば契約解除の不安材料をすっきりと払拭してくれることだろう。

手短に書くが不要になったカードを無効化することは思いのほかあっという間に終わります。

「クレジットにひとたび加入したら、勝手に使用を中止するのは大変ではないの。

」という懸念や、「カード会社の機能停止のやり取りが手間な感じがする?」というように思われる使用者も多いという話だけれども、拍子抜けすることにクレジットの裏側に印字してある会社の受付け窓口に電話をした後クレジットの無効化の意向を聞いてもらうだけであっという間に機能停止ができるのです(約3分くらいの会話で解約できます)。

クレジットカードを利用開始する前の段階は信じられない程億劫だったのとは対照的に使用中止の手続きはたった一本の電話で終了しちゃうの?と呆気にとられてしまうかもしれません。

絶対に使用不可能化の仕方は楽に出来るものでしょうか?ご心配ありません。

カードの解約事務手続きは珍しい事例を無視すれば機能停止のための書類もないばかりか長い間引き止められるなどという事態も考えられません。

嘘偽り無しにたった「御社の■■クレジットカードを契約解除したいと思い、ご連絡さし上げたのですが!」などと話している受付に向けて願い出るようにして頂ければ他には何も必要ありません。

実は、私の友人も今までに10枚を上回るカードを契約解除するために申請を行ってきたものの未だかつて無効化に問題が起こったことは体験していないためポイントについては忘れて欲しい。

家内から小耳に挟んだことによれば契約解除を希望してみたらそうしたいわけがどんなことによるのか聞かれるケースがあったということですが単純に軽い調査に類する軽いやり取りだったと言っていたので、引き止められることもまずないということです。

万が一理由を質問されたという事態があったとしても気を遣わずに『必要なくなったと思ったから』だとか『他のカードサービスの広告を見たら使い勝手に優れていそうなため』といった意見を話してしまえば問題ありません。

Category

リンク